イソフラボンの効果

様々なイソフラボンの中でも大豆に含まれている大豆イソフラボンは、植物エストロゲンとも呼ばれていて、フラボノイドの中でも珍しく女性の美容と健康に役立つ成分として大変注目されています。

骨そしょう症 予防

閉経後女性を対象にした食事調査の結果では、日常の食事から摂取する大豆イソフラボン量が多いグループは、骨密度が有意に高いことが報告されています。このことから、エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取し続けることは、骨粗しょう症予防に有効といえます。

更年期障害の改善

更年期障害とは、更年期にあらわれる女性ホルモンのバランスの崩れによる身体的、精神的な不調のことをいいます。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをしてくれます。そのため年齢とともに低下する女性ホルモン(エストロゲン)に代わり、ホルモンバランスを整え更年期症状の代表的な症状、のぼせ・ほてりの改善効果があることが報告されています。

月経前症候群の緩和

月経前症候群とは月経開始前から始まる精神的(憂うつ、イライラなど)、身体的症状(頭痛、肩こり、肌荒れなど)です。

イソフラボンは女性ホルモンの働きを助けるので月経前症候群の改善効果があります。イソフラボンの摂取により、月経前症候群よる頭痛や不安感などが改善されたとの報告例もあります。

生理不順改善効果

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる生理不順にも効果を発揮します。

美肌効果

イソフラボンには美肌効果があることが知られています。それはエストロゲン様作用による美肌効果が要因です。

エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれ、肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを生成し、肌の潤いの源にもなります。

お肌のハリやうるおいの低下は、女性ホルモンの減少が原因の1つとして考えられており、イソフラボンを摂取することで美肌効果が期待できます。

育毛効果

加齢に伴い気になる抜け毛や薄毛は、女性ホルモンの作用が関与していると考えられています。現在、大豆イソフラボンによる育毛効果について研究がすすめられています。

Kayoko

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *